企業の中で働く公認会計士もいます。外から監査をする会計士と戦う役割を有するのでしょうか。企業が多様化するように、公認会計士も多様化するべきなのでしょう。

朝日を背に仕事をする公認会計士

企業内公認会計士とは

大手企業になれば、会計事務所による監査を受ける必要があります。そのチェックに耐えられるような書類を作成しなければなりません。

ならば自ずと専門家の出番が来るでしょう。つまり企業内公認会計士として働く意義が生まれるのです。とはいえ企業内で働くなら、特別な資格は不用です。

そのため多くの企業では、資格所有者を採用するのではなく、社員を選んで専門家に育てる傾向があります。故に一般企業への就職は、ちょっと厳しいのが現実かもしれません。

求められる人材とは

あえて公認会計士の資格所有者を採用するなら、一般企業はどんな人材を求めているのでしょうか。即戦力であるのは当然です。

それプラスアルファが大切になります。簿記の資格を有する人は少なくないでしょう。とはいえ大きな会社の経営管理になると、素人では手に負えません。

だからこそ不正の余地が生まれるのです。それを企業にさせないため、外から指摘される前に社内でチェックする!ミスを逃さない正確かつ冷静さが不可欠です。

しかし企業内で社員として働いていれば、経営のミスにつっこむことはできるのでしょうか。暗に退社を強いられないのでしょうか。

それこそが公認会計士に必要な資質であり能力なのでしょう。自分が助言することにより会社がより成長できる!そうした価値を自社に示せることが、企業内で働く上では重要です。必然的に、相応の年齢になってしまうのでしょうが。

企業で働いてみませんか

なあなあの関係になってはいけませんが、無理に対決姿勢をとる必要もないでしょう。勤めている会社をよくするという意味で、企業内公認会計士として働くことに意義はあります。