公認会計士のイメージは、大手企業の監査をする!これが一般的かもしれません。しかし昨今は様々な分野で働き、活躍しているようです。

コチラを見つめる公認会計士

公的機関でも働いている

公的機関でも公認会計士の能力を生かすことができます。例えば会計監査院で働く事例があります。具体的には、公的組織が補助金を出した企業の財務状況を調べる業務を担当します。

税金の使われ方を正す上では不可欠ですね。地方自治体でも、積極的に専門家を採用するケースが増えています。管轄内の企業をチェックするのみならず、公的機関自身の業務内容を精査することが求められているからです。

国際的に働く方法もある

公認会計士は、日本国内で有効な資格です。とはいえ時代は国際化に向かっています。海外から日本へ進出してくる一方で、国内企業も海外へ眼を向けています。

そこで考えたいのが米国公認会計士USCPAです。海外の会計士資格を有することにより、もちろん国際的に働くことができます。

そこまで積極的にならずとも、外資系企業のお手伝いをすることも可能です。やる気さえあれば、仕事はどんどん広げることができますよ。

先生になる

資格取得の勉強はどうしましたか。独学でしたか。専門学校に通っていた人もいるでしょう。そうです公認会計士を目指す学校の先生になる。

そういう選択肢もあります。大学の経営学部などで教員になるケースもあります。学術的なので企業相手とは異なりますが、理詰めで考えたい人にとっては適職かもしれません。

もちろんこれらの場合には、多様な事例を経験していることが前提条件です。必然的に年齢は上になるでしょう。とはいえ育ててもらった恩返しをする。

次世代を育成することも重要な仕事です。

仕事を広げましょう

一般的なイメージ通りの仕事も良いでしょう。しかし時代を読む能力こそ、公認会計士には求められます。視点を変えるだけで、仕事の幅は広がりますよ。